Luxury Suites with the charming view of historical City Centre

歴史

ホテルパリプラハは1904年に有名な建築家ヤン・ヴェイリッヒに建てられました。

ホテルのインテリアは建築家アントニーン・ファイファーによって設計され、特にホテルのレストランのインテリアの装飾に使われたセラミックモザイクはヤン・ケーレルの作業場からのもんです。ホテルパリプラハは100年以上アールヌーボー部分を含む新ゴシック様式の豪華な建物の取り替えられない外観を保っています。
ホテルパリプラハは何軒かの建物と共に20世紀の50年代の終わりまでプラハ市の成功と豊富の象徴でした。1984年にホテルは歴史的記念物に命名され、それでふさわしくプラハで最も名高い記念物の一つになりました。ビロード革命後、ホテルは1991年に元々の持ち主ブランデイス家に返還されました。
ホテルパリプラハの特性についての適切な記述が、作家ボフミル・フラバルの有名な作品『わたしは英国王に給仕した』の中に見つかります。主人公はそのときに憧れと尊敬の言葉を使います:「ホテルパリは驚くほど綺麗です。鏡と真鍮製のレールが多く、真鍮製の燭台が多く、磨いているので輝き、黄金の宮殿みたいです。」
優美なホテルパリプラハは、ご自分の家から遠くても、贅沢と安らぎを沢山提供できる、プラハの旧市街で最も快適なところです。お客様のご訪問を楽しみにしております!

×